Manners(釣りのマナーについて)

魚や自然を大切に

魚と魚をはぐくむ環境には最大限の敬意を払いましょう。いつまでも私たちが楽しく釣りができるよう、この気持ちを忘れてはいけません。どんなに釣りが上手くても、これができていない人は釣り人としては失格です。

 

釣り場にごみは捨てない

これも当たり前のように思われますが、残念ながら、現実問題、釣り場にはごみが沢山落ちています。もちろん、そのすべてが釣り人が捨てたごみであるとは言いませんが、実際に釣りをしているとたばこのポイ捨てや、餌が入っていた袋をそのままおいていく場面などに遭遇することもあります。そういった人を見かけた際に、注意するのは中々勇気がいることかもしれませんが、できるならしましょう。もしできなくても、あなたはそんな釣り人には絶対にならないと誓いましょう。餌の袋や絡まってしまったラインなどの釣り具のごみはもちろん、釣り場で食べ飲みしたごみもひとつ残らず、しっかり持ち帰りましょうね。一人一人のそういった心がけで、釣り場の環境も、釣り人に対するイメージも変わります。