あ行(あ~お)

あわせ


魚のアタリに対して、ロッドを立てたり、リールを巻いたりすることで魚をフック(針)にかける行為のこと。特にこちらが合わせなくても、魚が勝手にかかることを見越して何もしないことを、「向こうアワセ」ともいう。

 

居着き(いつき)


色々な場所を泳ぎ回らずに、ある一定のポイントに留まっていることを差す。「—-の魚」など。

 

エギ


イカ類を釣る為のルアーの一種。エビのような形をしていて、ルアー後方には返しのない針がついている。

 

オマツリ・おまつり


 

他の釣り人の仕掛けと自分の仕掛けが絡まってしまうこと。狭い場所(管理釣り場や乗合い船など)で釣りをする際には、他の釣り人に大物が掛かったりした際には、自分の仕掛けを一旦あげるなど、特に注意しましょう。