か行(か~こ)

カエシ


フックの先端にある、魚が外れないように鉤(かぎ)状になっている部分のこと。カエシは万が一、人に刺さったら危険なので、フックの扱いは注意しましょうね。

かけあがり


 

海底の斜面が深場から浅場へと向かう途中の急に水深が変化しているエリアのこと。一般的には、好ポイントとなりえる。

キャスト


仕掛けやルアーを投げること。「ルアーを——–する」など。

魚影


魚の生息する数のこと。魚が多くいる場所は「魚影が濃い」、逆に少ない場所は「魚影が薄い」という表現をする。魚影が濃いポイントを見つけたらチャンス!

食い上げ


魚が餌を口にして、水面に上がってくる食べ方のこと。ウキ釣りなどではウキが沈むことが多いが、この食い上げも魚が針にかかった合図。あわてずにアワセましょう。

毛バリ


針に動物の毛などを巻いて、虫のように見せた疑似餌のこと。一般的には、日本古来のものを「毛バリ」、海外のものを「フライ」と呼ぶことが多い。

コマセ


魚を釣り場に集めるための寄せ餌のこと。撒餌(まきえ)ともいう。